/

北京五輪・外交ボイコット・街角景気

編集者が選ぶニュース3本

来年2月の北京五輪をめぐる政治的な動きが活発になっています。アメリカが外交ボイコットを発表すると、IOC幹部は「延期はない」と語りました。外交ボイコットについては、新型コロナの「オミクロン型」感染拡大の懸念を理由に、外交団を派遣しない国がまだ出てきそうな気配もあります。日本は松野官房長官が「適切な時期に自ら判断」と結論までは、なお時間をかける姿勢をみせています。(ニュース・エディター 丸谷浩史)

IOC幹部、北京五輪の延期なしと断言 感染対策万全に

【パリ=白石透冴】国際オリンピック委員会(IOC)幹部は7日、2022年2月の北京冬季五輪を延期することはないと断言した。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の世界的な拡大が懸念されるが、万全の感染対策を取るなどと主張した。…続きはこちら

五輪外交ボイコット「適切な時期に自ら判断」 官房長官

松野博一官房長官は8日の記者会見で、2022年2月の北京冬季五輪の外交ボイコットを巡る日本の対応に関し「適切な時期に諸般の事情を総合的に勘案して自ら判断する」と強調した。「現時点ではなんら決まっていない」と説明した。…続きはこちら

11月の街角景気、過去2番目の高水準 新変異型に懸念も

内閣府が8日発表した11月の景気ウオッチャー調査(街角景気)は、3カ月前と比べた現状判断指数(DI、季節調整値)が56.3と前月比0.8ポイント上昇した。3カ月連続の改善で、2005年12月(57.5)に次ぐ過去2番目の高水準になった。新型コロナウイルスの感…続きはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン