/

ENEOS、再生エネ新興になぜ巨額投資?

2021年10月8日の日本経済新聞朝刊1面に「再生エネ新興 2000億円買収」という記事がありました。ENEOSは再生エネの新興企業を約2000億円で買収する方針を固めました。新興企業に巨額の投資をする背景には何があるのでしょうか。

ここが気になる

背景にあるのは、世界的な脱炭素の流れです。欧米では、エネルギー大手の太陽光発電や風力といった再生可能エネルギーへの投資が拡大しています。石油需要は、電動車へのシフトなどで今後縮小する見通しです。ENEOSホールディングスの幹部は「2040年には国内の石油需要は半減する」と危機感を強めています。

ENEOSは生き残りをかけ、業態転換を急ぎます。油田の権益などを売って、再生エネに巨額資金を投じます。買収するジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)は太陽光やバイオマスの発電所を手がけるほか、洋上風力のノウハウも持っています。洋上風力は再生エネの切り札とされており、ENEOSは買収で自前開発よりも早く脱炭素に対応します。

今回の買収を世界展開の足がかりにする期待もあります。ENEOSは洋上風力の需要が高まる欧州で、ブランド認知度を高めようと、イタリアのプロサッカーリーグ(セリエA)のACミランとスポンサー契約を結びました。今後は欧州を軸に、海外市場への参入も視野に入れています。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:勝野杏美
2018年入社。小売業界の取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。今年のノーベル文学賞は、タンザニア出身の作家グルナ氏に決まりました。移民や難民の体験を小説にしていると知り、一度作品を読んでみたいと思いました。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン