/

ロシア石油「裏ルート」で取引、何が問題?

2022年9月8日の日本経済新聞朝刊1面に「ロシア石油、欧州へ裏流通」という記事がありました。企業がギリシャ沖でロシア発の石油を受け取り、船を替え欧州に入港する例が急増しています。現時点では禁輸とはされていないロシア石油の流入ですが、何が問題なのでしょうか。

ここが気になる

ロシアの石油が「裏ルート」で欧州に流入しています。ギリシャ沖でロシア発タンカーから石油を受け取り欧州の港に入港した船は半年で41隻と、1隻だった前年から大幅に増えました。石油の産地が曖昧になり、ロシアとの取引だとばれずに欧州へと運ぶことができます。

ウクライナへの侵攻を続けるロシアに対し、各国は「ロシア封じ」に動いています。主要7カ国(G7)は12月からロシア石油の価格に上限を設け、流通を絞ります。ロシアの資金源を断つことが目的です。欧州連合(EU)ではロシア産エネルギーからの脱却をめざし、2027年までに約29兆円規模を投じる方針です。

船荷の移し替えは制裁を回避する抜け道として残りかねません。米国務省は不正に関与しないよう警告しています。産地があやふやなロシア産品が流通すれば、ロシアへの制裁効果は薄れます。国際連携を強化し、不透明な取引をあぶり出す方法が必要です。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:宮脇雄斗
2020年入社。小売・レジャー業界の取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。

【私の注目記事】くら寿司が1皿の最低価格を5円上げ115円に値上げします。いつの日か「100円回転ずし行こう」と発言しようものなら、死語を使うおっちゃんとして認定されてしまう日が来てしまうのでしょうか。
新社会人応援コンテンツ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません