/

天然ガス・マラリア予防・米債務上限

編集者が選ぶニュース3本

問題の光景を一変させかねない国際ニュースがそろいました。ロシアのプーチン大統領は値上がりが目立つ天然ガスの供給を増やす考えを示し、世界保健機関(WHO)はマラリアを予防するワクチンを初めて承認しました。米連邦債務の上限をめぐる妥協案も含めて深刻な事態を避けようとする動きが広がっています。(政策報道ユニット長 藤井一明)

プーチン氏、天然ガスの供給増を示唆 新パイプラインで

【モスクワ=桑本太】ロシアのプーチン大統領は6日、天然ガスの新パイプライン「ノルドストリーム2」について、早期操業に取り組む考えを示唆した。価格高騰で需要が高まる欧州やアジアへの天然ガス供給について、要請次第で供給増に応じる姿…続きはこちら

WHO、マラリア予防ワクチンを初承認 「歴史的な日」

【ロンドン=佐竹実】世界保健機関(WHO)は6日、マラリア予防のワクチンを初めて承認したと発表した。アフリカの一部で試験的に接種したところ高い効果を確認した。年間40万人が死亡する病気の重症化を防ぐことが期待されており、WHOは…続きはこちら

米債務上限、2カ月間延長案 債務不履行回避へ共和提示

【ワシントン=大越匡洋】米共和党の上院トップ、マコネル院内総務は6日、12月まで連邦政府の債務上限を一時延長する案を表明した。12月までの支出を賄える範囲で債務上限を暫定的に延ばす内容だ。共和党は約2カ月の猶予を許す一方、その間に…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン