/

日本の厳しい水際対策、企業にはどんな影響?

2022年2月7日の日本経済新聞朝刊1面に「『コロナ鎖国』で日本離れ」という記事がありました。日本の新型コロナウイルス対策の厳しい水際規制に企業の活動が及び腰になっています。具体的にどのような影響を受けているのでしょうか。

ここが気になる

シーメンスは外国籍社員が入国できず機械関連の企業との共同プロジェクトが止まったほか、一部の投資案件も保留しました。ボッシュも31人の外国籍従業員とその家族37人が入国できておらず、新製品の生産が止まっています。オミクロン型が確認された後に日本政府が外国人の新規入国を原則停止したことが主な原因です。

21年12月の外国人の新規入国者数は2783人と前年同月に比べ95%減り、足元でも落ち込みが続きます。主要国で外国人の新規入国を原則禁止するのは日本のみです。中東のイスラエルは2021年11月以降、日本と同様にすべての外国人の入国を原則禁じる措置をとりましたが、年明けに大半の国からの入国再開を認めました

外国人労働者の中には来日を諦め、他国に向かう動きが出ています。外国人IT人材を日本企業に派遣するヒューマンリソシアではインドなどで約200人が入国待ちをしており、一部で辞退が発生しています。「鎖国」とも指摘される厳しい水際対策をいつまで続けるのか、政府の対応に産業界から注目が集まっています。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:田中昴
2020年入社。電子版と紙面の編集を担当。小林陵侑選手が北京五輪で今大会日本勢初の金メダルを獲得しました。メダルを取っても取らなくても、自主的にあんな高い場所から飛び降りる根性に敬服します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン