/

冬の電気不足110万世帯分の恐れ、原因は?

2022年6月6日の日本経済新聞朝刊1面に「電気不足、冬に110万世帯分」という記事がありました。次の冬の寒さが厳しければ一般家庭で約110万世帯分の電気が全国で不足する見通しです。日本の電気不足はなぜここまで深刻になっているのでしょうか。

ここが気になる

燃料費がかからない再生可能エネルギーが増えるなか、電力会社は利用率や収益が悪化した火力発電所を休廃止してきました。主力電源の一つである原子力発電所についても、原子力規制委員会の安全審査を通過した原発は17基ありますが、地元の同意が得られていないことや定期検査、テロ対策工事を理由に4基しか動いていません。

国の機関によると、電力需要に対する供給の余裕度合いを示す予備率は、寒さが厳しければ23年1月に東京電力HD管内でマイナス0.6%になります。安定供給には3%が必要です。23年1月は西日本6エリアも1.3%しかなく、東電を含め7電力の予備率を3%にするには350万キロワットが必要で、宮城県の世帯数を超える約110万世帯分にあたります。

日本は電気不足を補うための電源確保が進んでおらず、送電網も十分でないため電気が余る地域から足りない地域に融通できる量は限られます。ウクライナ侵攻や資源高によるエネルギー危機が起きているなか、東日本大震災以来の節電頼みの需給調整は限界に達しています。電気の安定供給へ新たな戦略が求められています。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:前田健輔
2018年入社。首相官邸などの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。ボタンが1000個並ぶ工場見学コースやボタンを押すだけのアプリが人気だそうです。幼い頃、外出先のトイレの従業員呼び出しボタンを意味も分からず押しまくり、店員さんや親をよく困らせていたそうです。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン