/

日本のスタートアップ、どんな企業が成長?

2021年12月3日の日本経済新聞朝刊1面に「1000億円超スタートアップ AIや新素材、国内6社」という記事がありました。未上場スタートアップに関する日本経済新聞社の調査で、21年の企業価値が1000億円超の企業は6社と前年から倍増しました。どんな企業が成長しているのでしょうか。

ここが気になる

企業価値で首位となったのはAI開発のプリファード・ネットワークスです。自社開発のスーパーコンピューターは国際ランキングのエネルギー効率部門で首位になりました。他にも5位に入ったスパイバーは、微生物に植物由来の糖を与えて発酵させ、衣料品に使う人工たんぱく質を抽出するなどの技術を持っています。

新型コロナウイルス感染拡大で社会が変化する中、デジタル技術を持つ企業の台頭も目立ちました。3位に入ったスマートHRの企業価値は1731億円と、前年の320億円から大きく伸びました。人事労務ソフトで社員の入社や退社、年末調整といった手続きをクラウド上でできる強みがあります。

成長する企業がある一方で、海外とは規模の面で差があります。未上場で企業価値が10億ドル以上の成長企業であるユニコーンは、米国には470社もあります。有望なスタートアップを増やすため、市場開拓へ海外進出を促す仕組みや、優秀な人材を集めやすくする工夫が求められそうです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:近藤彰俊
2017年入社。機械メーカーの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。徳島の阿佐海岸鉄道は、道路と線路の両方を走る「DMV」の予約受け付けを始めました。DMVはバスなのか鉄道なのか、思わず考えてしまいました。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン