/

大谷翔平、エンゼルスと来季契約延長 年俸43億円超

単年では日本選手最高額に

(更新)

【アナハイム=共同】米大リーグ、エンゼルスは1日、大谷翔平(28)と1年3千万ドル(約43億5千万円)で来季契約に合意したと発表した。夏のトレード期間に移籍が取り沙汰された大谷は今季が2年契約の最終年で、延長などの契約の行方が注目されていた。単年ベースでは日本選手の最高額となる。

今季の550万ドルから大幅アップとなり、今オフに権利を得る年俸調停は回避した。大谷は2023年のシーズン終了後に移籍先を自由に選べるフリーエージェント(FA)になる。ネビン監督代行は「彼だけでなく、みんなにとって素晴らしい。オフへの安心感も違う」と感想を述べた。

投打の「二刀流」で活躍し、昨季ア・リーグ最優秀選手に輝いた大谷はメジャー5年目の今季は投手では15勝8敗、防御率2.35。打者で打率2割7分6厘、34本塁打、94打点(9月30日終了時)。8月に1918年のベーブ・ルース以来となる「2桁勝利、2桁本塁打」を達成し、メジャーで自身初となるシーズン162回の規定投球回まであと1に迫っている。

球団公式サイトによると、年俸調停の権利を持つ選手の契約としてはベッツ(ドジャース)の2700万ドルを上回り、史上最高額となった。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大谷翔平

大谷翔平の試合結果や個人成績、コラムをまとめました。大リーグ・エンゼルスでの投打二刀流の活躍のニュースを楽しめます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン