/

気候変動対策・欧州AI規制・KADOKAWA

編集者が選ぶニュース3本

1日から英国で、第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の首脳セッションが始まります。米バイデン大統領は先行する記者会見で、気候変動対策が不十分として中ロに「失望した」と発言しました。脱炭素社会の実現へ向け、どう目標を実現させるのでしょうか。各国首脳の発言に注目です。欧州が公表したAI(人工知能)規制案に対し、テック企業が修正を求めています。倫理と利便性をどうバランスさせるのか。AIの進化を考えるうえで、重要な課題です。(編集特命担当 宮東治彦)

気候変動対策「中ロに失望」 バイデン氏

【ローマ=坂口幸裕】バイデン米大統領は31日、訪問先のローマで記者会見を開いた。中国とロシアの気候変動対策が不十分だとして「失望した」と述べた。短期的には原油やガス価格の上昇に対処するためサウジアラビアとロシアに増産を促した。…続きはこちら

欧州AI規制、Googleなどが修正要求 意見300件分析

欧州連合(EU)が公表した人工知能(AI)規制案に対し、米テック企業などが修正を求めている。意見は300件超にのぼり、日本経済新聞が分析したところ、規定があいまいで責任の範囲が際限なく広がるとの警戒が強い。EU側は人権侵害などを防ぐ…続きはこちら

KADOKAWA夏野氏「効果は最速3年後」 テンセント提携

KADOKAWAの夏野剛社長は1日のアナリスト向け決算説明会で、中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)グループとの資本業務提携について「ポジティブな効果は最速でも3年くらい後になる」との見解を示した。そのうえで「協業しながら(中国国内…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン