/

ニクソン・ショックから50年、豊かになった?

2021年8月2日の日本経済新聞朝刊1面に「マネーと経済、切れた連動」という記事がありました。通貨のルールが大きく変わったニクソン・ショックから50年がたちました。お金は増えましたが、豊かさにつながったでしょうか。

ここが気になる

各国通貨の信用は基軸通貨のドルが金と交換できることで裏付けられていました。1971年に米国のニクソン大統領は交換の停止を発表。国は金の保有量に縛られずに通貨を発行できるようになりました。「1ドル=360円」のようにドルに固定されていた主要国の通貨は、その後の協議などを経て「変動相場制」に移りました。

「金の足かせ」が外れて通貨の量が増え、お金が行き渡って経済成長に弾みがつきました。1990年代までドルの供給量と米国のGDPは連動して高まりました。お金が消費や賃金ではなく、株などの金融資産に集まるようになり、経済を潤す力は弱まりました。2010年以降はドルの供給量が2.4倍に増えても米国のGDPは1.6倍どまりです。

格差の拡大という副作用もあります。株価を押し上げて富裕層を豊かにする一方、低所得層には恩恵が少ないからです。労働者の平均賃金も伸び悩んでいます。国境を越えた投資を増やした変動相場制は、為替の急変で通貨危機をもたらす負の側面をもちます。通貨政策を担う各国の中央銀行は、豊かさを生むお金の姿を模索しています。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:遠藤智之
2016年入社。科学技術などの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。7月の五輪競技ツイートは卓球の混合ダブルス「金」が最多だったそうです。ツイート数ゼロの私も思わずつぶやきたくなる熱戦でした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン