/

NZドルが戻り歩調 中銀 金融引き締めが支え

通貨番付

ニュージーランド(NZ)ドルが戻り歩調だ。対米ドルでは2月下旬に一時1NZドル=0.68米ドル台に乗せ、約1カ月ぶりの高値をつけた。NZ準備銀行(中央銀行)が金融政策の引き締めを進める姿勢を示し、買いの勢いが増している。

NZ中銀は2月23日、政策金利を0.25%引き上げ1%にすると決めた。3会合連続の利上げに踏み切り、保有資産を圧縮する量的引き締め(QT)を始める方針も発表した。

今年に入り、米連邦準備理事会(FRB)による早期利上げ観測が相場の上値を抑えてきた。だが、歴史的な高水準となっているインフレを抑えるため、NZ中銀は米国に先んじてQTに着手し、次回会合での利上げにも意欲的だ。市場では「中銀の『タカ派』姿勢はNZドル相場の支えとなる」(国内証券)との声が聞かれた。

(日経QUICKニュース)

25日までの1週間でブラジルの通貨レアルが上昇した。商品価格の上昇や株高でレアルに買いが入った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン