/

この記事は会員限定です

[社説]外国人の子供に学びの保障を

[有料会員限定]

外国にルーツがあり日本語が不得意な児童生徒は、障害のある子どもが学ぶ「特別支援学級」に在籍する割合が高い。文部科学省の全国調査で、そんな実態が初めて明らかになった。

障害がないにもかかわらず、日本語の習熟度が低いなどの理由で特別支援学級に在籍させているとの指摘もある。通常のクラスで学習する機会が失われているとしたら極めて不適切だ。文科省はさらに詳細な実態調査を進め、個に応じた学びを支援する必要が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン