/

この記事は会員限定です

[社説]持続性が問われるローカル鉄道

[有料会員限定]

長引くコロナ禍で人の移動がとまり、大きな打撃を受けたのが旅客業界だ。なかでも以前から経営の厳しかったローカル鉄道は存続が危ぶまれる事態である。鉄路を残すべきか、バスなど他の輸送手段に転換するのか、各事業者や沿線の自治体は経済合理性に即した判断が求められる。

国土交通省によると、非大都市圏を走る中小鉄道事業者95社のうち2020年度に経常黒字を計上したのは2社で、93社は赤字だった。JR系でもJR北...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン