/

この記事は会員限定です

夫婦別姓、最高裁の判断は?

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

諸外国の憲法裁判所の仕組みを取り上げてきました。新年かつ連載50回目でもあり、今回はそのシリーズは中断し、最高裁が新たな違憲判決を出すかもしれないとの見方がある夫婦の姓について憲法の観点から考えてみましょう。

この問題をめぐっては、同姓維持を求める保守勢力と選択的別姓を望むリベラル勢力の対立が激しくなっています。本欄はどちらかを応援する意図はないことを最初にお断りしておきます。

また、法務省は夫婦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン