/

この記事は会員限定です

[社説]これで所有者不明の土地は減るのか

[有料会員限定]

所有者不明の土地問題に対処するための法案が国会で審議されている。人口減少で管理の行き届かない土地が増えていることから、所有者の管理責任を重くし、国や自治体にも管理面で新たな役割を加える。それぞれ負担が増すだけに実効のあがる運用を求めたい。

柱は土地の相続登記の義務付けと相続した土地を放棄できる制度の創設だ。管理強化のため土地の所有権を制限する方向に踏み出す大きな転換といってよいだろう。

相続登記は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン