/

この記事は会員限定です

ウクライナ危機で温暖化対策は加速 ピーター・ヒル氏

英内閣府COP26最高責任者

[有料会員限定]

2021年に英国が議長国を務めて開かれた第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)では多くの約束がなされた。温暖化ガス排出削減、適応策、資金支援のいずれも実行に移す時だ。11月のCOP27にかけては、何をどこまで達成できるかを左右する重要な時期となる。

ロシアによるウクライナ侵攻は2つの影響を同時にもたらした。まず、短期的には欧州連合(EU)などがロシアからの化石燃料の輸入を減らし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン