/

この記事は会員限定です

中銀の使命どこまで 気候・格差問題への関与に賛否

Global Economics Trends 編集委員 小竹洋之

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

現存する世界最古の中央銀行は、1668年に創設されたスウェーデンのリクスバンクだという。その350周年を記念して2018年に出版された論文集に、編者を務めたストックホルム大学のロドニー・エドビンソン教授らが序文を寄せている。

「中銀には多くの側面があり、万人が認める唯一の定義は存在しないようだ」――。歴史をひもとけば、中銀のかたちは確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン