/

この記事は会員限定です

「1票の格差」2倍超の衆院 東京一極集中で改善に限界

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

衆院解散・総選挙が近づいてきました。衆院選のたびに問題になるのが、選挙区ごとの人口の違いによって投票価値の平等が損なわれる「1票の格差」です。司法は最大格差が2倍未満になるよう政治に対応を促してきました。

今回の衆院選は小選挙区比例代表並立制で初めて行われてから四半世紀の節目です。この間、1票の格差は1.98倍から2.47倍で推移してきました。2倍未満になったのは2017年の選挙だけです。

1月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン