/

この記事は会員限定です

春秋(1月30日)

[有料会員限定]

2月から放送が始まるNHKの大河ドラマは、明治期の実業家、渋沢栄一の生涯を描く。企業の公益性を説いた「道徳経済合一」の思想で知られる新1万円札の顔だ。三代目が身上をつぶす、の俗言がある。だが、栄一の孫で蔵相などを務めた敬三の名も、今に伝わる。

▼ことに学術の世界で。若き日は生物学者を志した。後継者に、と願う祖父は羽織はかまの正装で実業界入りするよう頭を下げ説得した。そんな逸話が残る。敬三は、学問へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン