/

この記事は会員限定です

[社説]問われる大学共通試験の機能

[有料会員限定]

国が入試改革の柱と位置づけていた大学入学共通テストへの英語の民間試験と、国語などの記述式問題の導入が、将来も見送られる方向になった。

民間試験については受験機会の地域間格差が、記述式は採点の公平性への不安が払拭されず、今年の実施を土壇場で中止した。25年以降の導入の是非を検討していた文部科学省の有識者会議は課題克服のメドが立たないとして「実現は困難」と判断した。

受験生や学校現場を混乱させた失敗の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン