/

この記事は会員限定です

[社説]70歳就業は年金・労働市場改革と一体で

[有料会員限定]

改正高年齢者雇用安定法が、4月1日施行される。70歳まで就業できるよう、働く場の確保を企業の努力義務とする。

高齢者の働き方と本来は切り離せない年金の支給開始年齢の問題を議論せず、就労支援だけを具体化させた政府の姿勢には疑問がある。就業継続の実現へ企業に圧力をかけるやり方も賛成できない。改正法をめぐるこれらの課題に政府は迅速に手を打つべきだ。

現在は定年の延長、廃止や再雇用によって、希望者全員を6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン