/

この記事は会員限定です

混戦必至の横浜市長選告示へ IR推進にブレーキも

編集委員 斉藤徹弥

[有料会員限定]

有力候補が乱立し混戦が予想される横浜市長選が、8月8日告示、22日投開票の日程で行われる。最大の争点はカジノを含む統合型リゾート(IR)の是非。誰が当選しても、IRに反対が多い民意が浮き彫りになり、推進にブレーキがかかることになりそうだ。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

横浜市は人口が377万人と全国最大の市区町村で、都道府県と比べても10位に相当する。だが、人口は近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン