/

この記事は会員限定です

[社説]環境経営の裾野の広がりに期待する

[有料会員限定]

温暖化ガスの排出削減機運の高まりを受けて、環境重視の経営手法が広がっている。

最近注目されているのは自社の工場や製品の省エネ推進にとどまらず、取引先にも環境経営を働きかけ、サプライチェーン全体で環境負荷の低減を目指す動きだ。

排出する二酸化炭素(CO2)に価格を設定し、脱炭素投資を促すインターナル(社内)カーボンプライシングという手法を採用する企業が増えてきた。

温暖化問題を克服するには、政府によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン