/

この記事は会員限定です

人のゲノム編集、医療応用議論 デザイナーベビーに警鐘

[有料会員限定]

人間の遺伝情報(ゲノム)を簡単に書き換えられるゲノム編集技術を、どのように医療応用できるか。世界の英知を集めて検討し、発信していこうと米国科学アカデミーなどがつくった「ヒトゲノム編集イニシアチブ」が、国際的な議論を深めるうえで重要性を増している。

ゲノム編集は米カリフォルニア大学バークレー校のダウドナ教授らが「クリスパー・キャス9」の手法を発表してから、急速に普及した。難病の予防や治療への活用に期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン