/

この記事は会員限定です

デジタル金貨という新鉱脈

編集委員 西村博之

[有料会員限定]

世界的なインフレと地政学リスク。追い風が吹くなか、三井物産が金建ての暗号資産(仮想通貨)「ジパングコイン(ZPG)」を売り出した。国外でも同種の仮想通貨が人気だ。デジタルのゴールドラッシュは起きるのか。

ジパングコインは金1グラムを1ZPGで24時間取引できる。金の現物のリースで運用益を上げ、投資家の保有コストはゼロ。スマホ決済への利用も視野に入る。まさにデジタル版の金貨だ。

かつて金は通貨だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン