/

この記事は会員限定です

首脳外交に絡む内政と時間軸 日米中、競争と協力の行方

論説委員 池内新太郎

[有料会員限定]

共同記者会見を終えてホワイトハウスのローズガーデンを後にするとき、バイデン米大統領は菅義偉首相の背中に左手を軽くそえた。新型コロナ対策の厳戒ぶりが際立ったなか、長時間のフライトと慣れない外交舞台で疲れたであろう首相へのねぎらいがにじみ出た貴重な接触だ。

リアルなふれあいが硬かった空気を和らげ、親密さを醸成する。オンライン形式では得がたい効用だろう。

20年前の2001年。就任2カ月で初訪米した小泉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1407文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン