/

この記事は会員限定です

[社説]企業は「両利きの経営」で新事業の創出を

[有料会員限定]

経営の世界でいま最も注目されているコンセプトの一つが「両利きの経営」だ。企業の活動には、コストダウンなどで既存事業の競争力に磨きをかける「深掘り」と、新たな事業機会を発掘・育成する「探索」の2軸がある。

例えば自動車会社にとっては従来のエンジン車の原価低減や性能向上が「深掘り」であり、電気自動車など新技術の開発やライドシェアのような新たな事業モデルへの挑戦が「探索」に当たる。

この2軸をバランス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン