/

この記事は会員限定です

[社説]「政治主導の時代」を踏まえた選択を

[有料会員限定]

2021年は選挙の年である。衆院議員の任期が満了する10月までに必ず総選挙がある。菅義偉首相になって初の全国規模の国政選挙であり、新型コロナウイルスの流行という危機が到来してから初めて国民がいまの政治に審判をくだす機会である。

選挙の投票率は近年、低下が著しい。19年の参院選の投票率は48.80%(選挙区)に落ち込み、24年ぶりに50%を割り込んだ。衆院選も12年以降、3回続けて50%台にとどまっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン