/

この記事は会員限定です

地銀「山口の変」の戒め 改革が生む葛藤を超えろ

本社コメンテーター 上杉素直

[有料会員限定]

銀行に預けたお金が返ってこなくなる。まさかの事件が起きたのは2010年9月だった。

経営破綻した日本振興銀行は日銀出身の金融コンサルタント、木村剛氏が中心になって設立した。高めの利回りが見込める中小融資を手がける専門的な銀行をうたったが、開業から6年で不良債権の山に押しつぶされた。

そのとき適用されたのは、元本1000万円とその利息に限って預金を払い戻すペイオフだった。「何日も眠れないほど悩んだ」。ペ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

上杉 素直

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン