/

この記事は会員限定です

[社説]現金化回避が韓国の責務だ

[有料会員限定]

日本と韓国の懸案がいよいよ危険水域に入った。三菱重工業への賠償命令が確定した元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊訴訟で、韓国の大田地裁が同社資産の売却命令を決めた。放置すれば対立がさらに深刻になる。両国で一致点を見いだす努力を急ぐべきだ。

2018年11月の韓国大法院(最高裁)判決を踏まえ、原告が差し押さえた三菱重工の資産は特許権と商標権で、韓国で使うロゴマークも含まれるという。同社による即時抗告など異議申し立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン