/

この記事は会員限定です

終わらぬ「交通戦争」 ひと優先の街づくりへの模索

Discover 70's

[有料会員限定]

かつて隣近所の憩いの場でもあった路地に、次々と車が入り込んでくる。登校する子どもたちの脇を走り抜けるトラック。車があふれる大通りを横断しようとして、道の真ん中で立ち往生するサラリーマン――。

高度成長期のころの報道写真やニュース映像を見ると、急激な自動車の普及に道路環境の整備が追いついていない様子がよくわかる。まさに路上は「戦場」というべき状況だった。

日清戦争での日本側の戦死者は2年間で1万72...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン