/

この記事は会員限定です

[社説]ウクライナ危機で重み増す気候適応策

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻は欧州諸国によるロシア産石油、天然ガスの輸入削減やエネルギー価格の高騰を招いている。安価な石炭の利用増につながり、温暖化ガスの削減が滞りかねない。

温暖化が関係するとみられる熱波や豪雨はすでに増えている。政府は温暖化ガス削減策の深掘りに加え、被害を減らすための適応策に力を入れるべきだ。

ドイツで開いた主要7カ国(G7)の気候・エネルギー・環境担当閣僚会合は27日に共同声明を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン