/

この記事は会員限定です

[社説]製造業は品質管理体制の再点検を急げ

[有料会員限定]

日本の製造業で品質検査を巡る不正が後を絶たない。数十年にも及ぶ組織的隠蔽を疑われる事例も多い。事態を放置すれば日本のものづくりへの信頼を失いかねない危機的な状況だ。

三菱電機京セラ日産自動車神戸製鋼所など、近年、不正が発覚した企業は枚挙にいとまがない。いずれもメード・イン・ジャパンの信頼を築き上げた、日本を代表する名門企業である。

不正の手口は会社ごとに異なるが、いくつかの共通項が浮かび上がる。

品質への自信が「少しくらい検査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン