/

この記事は会員限定です

[社説]効率化を急ぎ介護保険の膨張を抑えよ

[有料会員限定]

介護保険制度が大きな岐路に立っている。利用者の自己負担を除いた給付費は2020年度、10兆円を超えたもようだ。高齢者の暮らしに欠かせないサービスだが、過度な膨張が続けば制度の持続性に赤信号がともる。

介護サービスは基本的に要介護認定を受けた65歳以上が利用できる。利用者負担は1割が原則で、残りの費用を40歳以上の人が支払う介護保険料と公費とでまかなっている。10兆円は暫定的な値だが、制度が始まった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン