/

この記事は会員限定です

COP26、悲観論だけでない「1.5度目標」

編集委員 安藤淳

(更新) [有料会員限定]

世界平均気温の産業革命前からの上昇を、21世紀末時点で1.5度以内に抑える「1.5度目標」を失速させるな――。31日に英国グラスゴーで始まる第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の議長国である英国や国連関係者らが、盛んにこんなメッセージを発している。現状のままでは、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」がめざすこの目標の達成が難しそうだからだ。

1.5度目標を諦めれば、パリ協定は事実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン