/

この記事は会員限定です

[社説]有機農業の普及へ具体策を

[有料会員限定]

日本の農政が環境配慮型へと大きくカジを切ろうとしている。農林水産省は農薬や化学肥料を使わない有機農業が農地面積に占める比率を、2050年までに25%に高める目標を決定した。

「みどりの食料システム戦略」という政策指針で打ち出した。農業は自然に優しい産業とのイメージがある。だが実際は農機や栽培施設の運営を化石燃料に頼っている。農薬は生物多様性に影響し、化学肥料には製造時に化石燃料を必要とするものがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン