/

この記事は会員限定です

[社説]経営監視の課題残す私大改革

[有料会員限定]

私立大などを運営する学校法人のガバナンス(統治)改革に向け、文部科学省が私立学校法の改正案の骨子をまとめた。

医学部の不正入試や日本大学前理事長の脱税事件など相次ぐ不祥事を受け、理事会の諮問機関だった評議員会に業務執行に関する監視権限を新たに与える。

法案には法人の解散や合併などについて理事会の決定に加え、評議員会の承認を統治の基本構造として盛り込む。併せて理事との兼職を禁じて独立性を高め、理事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン