/

この記事は会員限定です

[社説]市場の声を持続可能な経営の後押しに

[有料会員限定]

世界の資本市場でESG(環境・社会・企業統治)投資が広がっている。投資家が気候変動や人権問題に対する企業の対応を評価し、株式や債券を売買する手法だ。情報開示などの制度を整え、持続可能な経営を後押しする力として活用していきたい。

ESGは、国連が市場の力を世界規模の問題解決に生かすため、金融関係者の意見をもとにつくった考えだ。2006年4月27日にアナン国連事務総長(当時)がニューヨーク証券取引所で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン