/

この記事は会員限定です

マスクはベゾスを超えるか 問われるTwitterの公共性

編集委員 小柳建彦

[有料会員限定]

イーロン・マスク氏は米ツイッターの何をどう変えるのだろうか。13日には同社の買収手続きの一時保留を表明するなど、「劇場型買収」の成否は現時点で見通せない。唐突な提案から1カ月あまり、世論の沸騰から見えてきたことが1つある。社会がマスク氏に突きつけているのは、民主主義を支える公共基盤をどうするのかという根源的な問いだ。

ツイッターはIT(情報技術)企業であると同時に、世論形成に大きな影響力を持つメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン