/

この記事は会員限定です

岸田政権「新しい資本主義」に必須な「企業と市場」目線

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

岸田文雄首相の肝煎りで設けられた「新しい資本主義実現会議」が26日から実質的に始動した。初回の議論なので致し方ない面もあるが、経済活動の主役である「企業」や「市場」の具体的な議論が足りないという印象を受けた。日本の資本主義の問題点は、米英のような過度の株主重視ではなく、企業の収益力や競争力の低さだ。議論の出発点を間違えると企業活動が停滞し、社会への分配も縮みかねない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン