/

この記事は会員限定です

[社説]金利高・株安への警戒を怠れない世界

[有料会員限定]

世界の金融市場が不安定になってきた。米国で長期金利が上昇し、早期の金融引き締め観測が広がって株価の下落をもたらしている。その影響が主要国に波及し、日本でも金利高・株安が進んだ。

コロナ禍の収束をまだ見通すことはできない。だが当局の政策対応やワクチンの接種が進むにつれ、世界経済の回復期待が強まる可能性がある。こうした局面の変化が想定外の金利高や株安を招くリスクも、警戒せざるを得ない。

26日の日経平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン