/

この記事は会員限定です

[社説]「値下げ」の先を見据えた携帯市場改革を

[有料会員限定]

携帯通信料金の引き下げが急ピッチで進行中だ。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社は従来の半額以下の水準にあたる、データ容量20ギガ(ギガは10億)バイトで月額2980円以下のサービスを3月から始め、「第4のキャリア」の楽天はさらに廉価なプランを投入する。

一連の値下げの「主役」は菅政権だ。菅義偉首相は官房長官時代から携帯値下げの旗を振り、通信行政を所管する武田良太総務相は就任以来、厳しい言葉で何度も大手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン