/

この記事は会員限定です

[社説]政府と沖縄は対話に努力を

[有料会員限定]

沖縄県の米軍基地問題で、政府と県の対立が再び深まろうとしている。台湾海峡をめぐる米中対立が続く中、沖縄は来年、本土復帰50年を迎える。基地問題を前に進め、沖縄の今後を考えるためにも双方は対話に努めてほしい。

沖縄県は米軍普天間基地の名護市辺野古への移設で、政府が埋め立てる海域の軟弱な地盤を改良するため申請していた設計変更を、不承認とした。政府は工事を進められないため対抗措置をとり、法廷闘争になる公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン