/

この記事は会員限定です

[社説]みずほは今度こそ組織の病を根治せよ

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループ(FG)が出直しを誓うのはいったい何度目だろうか。経営トップの顔を代えるだけでなく、組織にはびこる内向きの風土やカルチャーを今度こそ改められるかどうかが厳しく問われている。

2月から8回のシステム障害を起こした責任をとり、坂井辰史みずほFG社長と藤原弘治みずほ銀行頭取が来年4月に辞任する。長年トップを務めた佐藤康博みずほFG会長も退く。幅広い顧客に不安を与え、金融システムへの信頼を揺るがせた失態を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン