/

この記事は会員限定です

[社説]保険証の改革は患者目線で

[有料会員限定]

マイナンバーカードを健康保険証として利用できる医療機関を増やすため、厚生労働省は病院や診療所、薬局にシステム導入を義務付ける検討に入った。保険医療機関がデジタル技術による医療の効率化に協力するのは当然であり、着実に進めてほしい。

マイナンバーカードが保険証になると患者のメリットは大きい。過去の処方薬や特定健診などのデータを医療機関のシステムに連携できるので、医師や薬剤師に口頭で説明する必要がなく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン