/

この記事は会員限定です

[社説]食料安保の議論急ぎ輸入頼みの是正を

[有料会員限定]

ウクライナ危機をきっかけにした穀物相場の上昇の影響が、日本の食品にも及んでいる。農産物の多くを海外に依存する日本は、リスクを抑えるために食料安全保障を本格的に議論すべきだ。

ロシアとウクライナは穀物の主な生産国で、侵攻で価格が高騰した。一部の国で食料不足が深刻になり、日本でも食品の値上げが相次いでいる。ロシアは肥料の有数の輸出国であり、肥料価格の上昇も食料生産に影を落とす。

まず必要なのは米国や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン