/

この記事は会員限定です

尹大統領が狙う「シン・光復節」演説、対日転機なるか?

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

「歴史的な演説にする」。韓国で5月に大統領に就任した尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏が、半月あまり後に迫った重要演説で発するメッセージへの「弾込め」を急いでいる。

日本にとって終戦の日である8月15日は、韓国では約35年に及んだ日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」だ。毎年、大々的に祝典が催され、大統領が演説する。

演説の内容は日韓関係を映す鏡だ。保守政権と革新政権のあいだに大きな差はない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン