/

この記事は会員限定です

海外出張まだ大変 対コロナ行動制限、合理的対応を

編集委員 安藤淳

[有料会員限定]

英国北部グラスゴーで開かれた第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を、11月7~14日に現地で取材し、帰国後は新型コロナウイルス感染症対策として、10日間の「自主待機」を経験した。英国と日本におけるコロナ対策の大きな違いを実感した。水際対策を科学的、合理的に進めようとする英国に対し、日本の対策は煩雑だ。帰国後の行動制限は多少緩和したが、依然として厳しい。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2761文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン