/

この記事は会員限定です

春秋(6月27日)

[有料会員限定]

映画「羊たちの沈黙」の主人公クラリスは米連邦捜査局(FBI)の訓練生だ。通常の事件は州や市の警察が受け持つが、重大犯罪にはFBIが乗り出す。クラリスは猟奇殺人事件の捜査に加わり、精神科医で殺人鬼のレクター博士から手がかりを得ながら犯人を追う。

▼地下鉄サリン事件が起きたとき、国家公安委員長だった野中広務さんは「日本版FBIが必要だ」と話していた。都道府県警との権限の重複や、現場に土地勘も人脈もない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン