/

この記事は会員限定です

本業を留守にできぬ河野氏のワクチン担当兼務

編集委員 大林 尚

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の切り札として期待されるワクチンの円滑な接種へ向け、菅義偉首相は河野太郎規制改革相にワクチン担当を兼務させた。河野氏は自民党の小林史明衆院議員を自らの補佐官に任じた。

河野氏は、官僚機構の「悪(あ)しき前例踏襲主義」(菅首相)を打ち破る内閣の先兵役を担ってきた。NTTドコモの社員から2012年に政界に転じた小林氏は、コロナ禍のなかでオンライン診療の普及を早くから促し、デジタル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2125文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン